OHDSI Home | Forums | Wiki | Github

こんにちは


(Tatsuo HIRAMATSU) #8

@jon_duke
GT OHDSIコースの発表、やっと見ることができました。遅くなりました。
先生はいろいろ苦労がありそうですが、学生はすばらしい経験ができたと思います。私の大学で行う場合、どのようなコース構成にすると良さそうか検討してみます。ありがとうございました。


(Rae Woong Park) #9

OHDSI Japan chapter開設を祝います。


(Tatsuo HIRAMATSU) #10

@rwpark,
Thanks a lot for coming to Japan and giving your presentation.
Japan chapter is just born, and we will steadily work on it.


(Keiko OTA) #11

大阪市大の太田です。ヨーロッパでの施設データ統合(Oncology Data Network)に興味を持ったのをきっかけでOHDSIに辿り着きました。日本でもユーザグループが立ち上がっているとの事で、参加させて頂く事になりました。本体のフォーラムの投稿の多さ(=活発さ)に驚きつつ、本当に大きなコミュニティだなぁ、、と実感しています。どうぞ宜しくお願い致します。


(Seng Chan You) #12

こんにちは。はじめまして。@keiko_ota
Currently, we’re planning to have OHDSI-Oncology subgroup meeting at UK around OHDSI Europe symposium next year.


(Keiko OTA) #13

こんにちは。はじめまして! @SCYou !!
Thanks for sharing valuable information. I checked the website of OHDSI European Symposium now. I feel… it’s difficult for me to go abroad at the end of March because it’s our fiscal year end… but I’ll share this information with my colleagues. Maybe someone can go!

By the way, I found the “success story” session, “the adoption of the OMOP-CDM in South Korea” in the European Symposium program. I have an impression that South Korea govenment support clinical research very well. Today, Prof. Hiramatsu will share the information about “2019 OHDSI Korea International Symposium”, and I’m very excited about it :grin:


(Seng Chan You) #14

ありがとうございます @keiko_ota .

We’re looking forward to collaborating with you and other Japanese groups soon :slight_smile:


(Rinabouk) #15

筑波大の香川と申します。よろしくお願いいたします。
翻訳やツールの使い方など、素人質問を投げられればと思います。


(Atsuko Hata) #16

こんにちは、日本イーライリリーの波多です。
データサイエンス部門でRWD sourcingやassessmentなどなど、RWD関連業務全般を担当しています。
医療データ活用は課題も多いですが、OMOPが利用を加速するDriverになると信じています!
今後ともよろしくおねがいいたします。

Hello! I’m Atsuko Hata working for Eli Lilly japan. I am in charge of RWD related works (RWD sourcing, assessment and in-house RWD management…etc.) in data science department.
We have many challenges in utilizing healthcare data in Japan. but I believe OHDSI OMOP accelerates use!
I’m looking forward to working with you.


(Satoshi Ueno) #17

こんにちは.国立保健医療科学院の上野です.
CDISC標準などのデータ標準を用いた疾患データ管理・利活用に関する研究を行っています.
OHDSI, OHDSI Japanへの参加,実装などを行っていきたいと考えています.
どうぞよろしくお願いいたします.

Hello, I am Satoshi Ueno as a senior researcher at National Institute of Public Health.
I conduct research on disease data management and utilization using data standards such as the CDISC standards.
I would like to participate in OHDSI and OHDSI Japan, implement OHDSI-OMOP CDM.
I look forward to working with you!
Satoshi


(Diana) #18

こんにちは。はじめまして! 私はダイアナです コロラド大学で リサ・シリング博士の下で 専門研究助手として働いています 私は現在のCOVID-19パンデミックやデータ品質評価のような楽しくてクールなプロジェクトに多く携わっています。python、R、SQLのスキルを持っています。ヘルスケアのデータ分析やデータサイエンスにもっと関わりたいと思っています。全国の多くの方と一緒に仕事ができるのはとても楽しみです。


(Tatsuo HIRAMATSU) #19

ダイアナさん、コロラドからありがとうございます。日本では実務はまだ色々と準備中の段階ですが、今後連携して進めていきたいですね。


(Akari Kira) #20

こんにちは、ぐんま国際アカデミー高等部の吉良です。
ODHSI book を読んですごく興味がわいたのでコミュニティに参加することにしました。
みなさんの議論を見ながらたくさんのことを吸収したいと思います。よろしくお願いします!!


(Tatsuo HIRAMATSU) #21

吉良さん、ありがとうございます。

よろしければOHDSI Japanのメンバー登録をしておくとイベント等の案内がメールで届きます。
https://odjpn.doorkeeper.jp/ から上部の「+メンバーになる」へ進んでください。
(Doorkeeperへのアカウント登録も必要になります)

議論はこのForumで活発に進めて参りましょう。


(Akari Kira) #22

ありがとうございます!!よろしくお願いします。情報医療学会へ参加しようと思ってたのですが、学校が再開するようなので断念しました。
ちなみにOHDSI book の日本語訳版はあるのでしょうか?


(Tatsuo HIRAMATSU) #23

日本語版は、いま翻訳をすすめています!
まだ進んでいない章もあって、いきなりで恐縮なのですが、翻訳にご参加いただける可能性はありますでしょうか?


(Akari Kira) #24

I am still learning about OHDSI and OMOP, also I am still a high school student. If that is fine, I would love to help with translating. I believe translating will help me for deeper understanding.
(I could not post edit in Japanese, it says that the text is incomplete)


(Tatsuo HIRAMATSU) #25

(Sure! It says “Body seems unclear, is it a complete sentence?” for Japanese texts.)

High school student you were! I thought you were a teacher. It is wonderful. My concern is that since you probably don’t have enough experience in practice of health data analysis, there might be some difficulty to get the full meaning of the jargon or what the text is trying to say. Having said that, actually there is no one who is fluent in all the areas covered by OHDSI. That’s why OHDSI started to work together. When is your summer vacation planned this year?


(Akari Kira) #26

I am in second grade, and currently studying in IB course! Since our school have online classes even during the “lockdown”, we have summer vacation from end of June to end of August.


(Diana) #27

平松さん、こんにちは!
メッセージありがとうございます!
それは素晴らしいですね! これからも平松さんとのお仕事を楽しみにしています!


t